海馬灌流はレム睡眠行動障害での神経変性兆候を予測する
Hippocampal perfusion predicts impending neurodegeneration in REM sleep behavior disorder
Dang-Vu TT, Gagnon JF, Vendette M, Soucy JP, Postuma RB, Montplaisir J.
From the Center for Advanced Research in Sleep Medicine (T.T.D.-V., J.-F.G., M.V., R.B.P., J.M.), Hôpital du Sacré-Cœur de Montréal; Department of Exercise Science and Center for Studies in Behavioral Neurobiology (T.T.D.-V.), Concordia University, Montréal, Canada; Cyclotron Research Centre (T.T.D.-V.), University of Liege; Department of Neurology (T.T.D.-V.), Centre Hospitalier Universitaire de Liège, Belgium; Department of Psychology (J.-F.G.), Université du Québec à Montréal; Montreal Neurological Institute (P.S.), McGill University, Montréal; Department of Nuclear Medicine (J.P.-S.), Centre Hospitalier de l'Université de Montréal; Department of Neurology (R.B.P.), Montreal General Hospital; and Department of Psychiatry (J.M.), University of Montreal, Canada.
Neurology. 2012 Oct 31. [Epub ahead of print]
特発性レム睡眠行動障害(IRBD)は、パーキンソン病(PD)およびレビー小体型認知症(DLB)を発症する危険性があり、99mTc-ECD SPECT(SPECT)を用いて、発症を予測する機能的脳画像パターンの同定を試みた。
IRBD患者20例について、ベースラインの覚醒状態でSPECTを実施した。平均3年の追跡の後、10例がPDまたはDLBを発症した。ベースライン時の局所脳血流量(rCBF)は、発症例の海馬で増加していた(補正後のP<0.05)。rCBFと神経変性の臨床マーカー(運動、色覚、嗅覚など)との関連性の回帰分析での検討では、海馬灌流はすべてのIRBD患者で運動および色覚スコアと相関していた。
IRBDの病勢進行は、SPECTによるベースライン時の海馬の灌流異常により予測され、PDやDLBなど他の神経変性疾患発症の危険性を有する患者を同定する。
コメント
PDやDLBの前駆症状としてのIRBDが指摘されてきた。今回の報告では、海馬の血流増加とPD、DLBへの移行との関連があるようだ。さらに、筆者らが結論で指摘しているように、海馬灌流と神経変性の臨床マーカーとの相関がみられたが、血流増加が持つ病態的意味の解析は今後の課題である。今回の論文は、シヌクレイノパシー発症機序を考えるうえで興味があり取り上げた。
監訳・コメント:大阪府立急性期・総合医療センター 神経内科 狭間 敬憲先生
PudMed: