未治療パーキンソン病(DeNoPa)コホートの未治療パーキンソン病を有する被験者における非運動症状及び診断に関する調査結果
Nonmotor and diagnostic findings in subjects with de novo Parkinson disease of the DeNoPa cohort
Mollenhauer B, Trautmann E, Sixel-Döring F, Wicke T, Ebentheuer J, Schaumburg M, Lang E, Focke NK, Kumar KR, Lohmann K, Klein C, Schlossmacher MG, Kohnen R, Friede T, Trenkwalder C; On behalf of the DeNoPa Study Group.
From the Center of Parkinsonism and Movement Disorders (B.M., E.T., F.S.-D., T.W., J.E., M.S., E.L., C.T.), Paracelsus-Elena-Klinik, Kassel; Department of Neurosurgery (B.M., N.K.F., C.T.), University Medical Centre, Goettingen; Department of Psychology (E.T.), University Kassel; Section of Clinical and Molecular Neurogenetics at the Department of Neurology (K.R.K., K.L., C.K.), University of Luebeck; Departments of Neuropathology (B.M.) and Medical Statistics (T.F.), University Medical Centre, Goettingen, Germany; Program in Neuroscience (M.G.S.), Ottawa Hospital Research Institute; Division of Neurology, The Ottawa Hospital, University of Ottawa, Canada; and ReSearch Pharmaceutical Services (R.K.), Nuremberg, Germany.
Neurology. 2013 Sep 4. [Epub ahead of print]
健康な対応対照を含むDeNoPa(未治療パーキンソン病(PD))コホートの大規模単施設研究で、未治療PD患者において、運動症状、非運動症状(NMS)に加え、嗅覚検査、黒質の経頭蓋超音波検査(TCS)、睡眠ポリグラフ検査(PSG)などを検討し、その診断における有用性をみた。
薬物未使用のPD患者159例 vs 対照110例において、PD患者では、嗅覚機能の低下、TCSのエコー輝度上昇、及びより高い頻度のREM睡眠行動障害(RBD)が認められた。予測マーカーの調査では、NMS質問票、Scopa‐AUT消化器領域スコア、嗅覚識別検査を併用した際の受信者動作特性曲線下面積(AUC)が0.913(95%CI 0.878〜0.948)に達した。TCSとPSGを加えると、AUCは0.963(95%CI 0.943〜0.982)に上昇し、未治療PD患者及び健康な対応対照から成るコホートの標準化されたデータを取得することの実行可能性と有用性が明らかとなった。
コメント
パーキンソン病やアルツハイマー病などの神経変性疾患における最近の話題の一つに、疾患修飾的治療法の開発がある。アルツハイマー病ではAlzheimer disease neuroimaging initiative(ADNI)が、パーキンソン病においては、Parkinson's Progression Markers Initiative (PPMI)の研究が、主としてサロゲートマーカーをみつけることを目的として世界的規模で進行している。今回の論文で非運動症候の質問票や、嗅覚検査、TCSやPSGなどさまざまな組み合わせが、パーキンソン病の自然経過観察に適するとの報告であるが、これらを踏まえた根本的治療薬の開発が待たれる。
監訳・コメント:大阪府立急性期・総合医療センター 神経内科 狭間 敬憲先生
PudMed: