パーキンソン病における疲労の有病率、および臨床的に関連する因子
Prevalence of fatigue in Parkinson disease and its clinical correlates
SquittStocchi F, Abbruzzese G, Ceravolo R, Cortelli P, D'Amelio M, De Pandis MF, Fabbrini G, Pacchetti C, Pezzoli G, Tessitore A, Canesi M, Iannacone C, Zappia M; For the FORTE Study Group.

From the Institute of Neurology (F.S.), IRCCS San Raffaele Pisana, Rome; Section of Neurology (G.A.), DINOGMI, University of Genoa; Department of Neuroscience (R.C.), University of Pisa; IRCCS Institute of Neurological Sciences of Boulogne (P.C.), Department of Biomedical and Neuromotor Sciences (DIBINEM), Alma Mater Studiorum, University of Boulogne; Department of Experimental Biomedicine and Clinical Neurosciences (M.D.), University of Palermo; Parkinson Operative Unit (M.F.D.P.), San Raffaele Institute, Cassino (FR); Department of Neurology and Psychiatry (G.F.), and IRCSS Neuromed, La Sapienza University of Rome; Parkinson's Disease and Movement Disorders Unit (C.P.), IRCCS Neurological National Institute C. Mondino, Pavia; Parkinson Institute (G.P., M.C.), I.C.P., Milan; Department of Neurology (A.T.), Second University of Naples; LB Research (C.I.), Cantù (CO); and Department G.F. Ingrassia (M.Z.), Neurosciences Area, University of Catania, Italy. fabrizio.stocchi@sanraffaele.it.
Neurology. 2014 Jun 13. pii: 10.1212/WNL.0000000000000587. [Epub ahead of print]
パーキンソン病(Parkinson disease:PD)を有するイタリア人患者を対象とした非介入の横断的研究で、PDを有する患者における疲労の有病率と重症度、さらに疲労と関連する因子を検討した。方法は16項目のパーキンソン病疲労スケール(16-item Parkinson Fatigue Scale:PFS-16)および苦痛を伴う疲労(PFS-16の平均スコアが3.3以上)により測定した。
PFS-16の質問票に回答した患者は394例(組み入れ患者は402例)、平均(±SD)スコアは2.87±0.99。うち136例(33.8%)が苦痛を伴う疲労を報告し、年齢がより高く(P=0.044)、罹病期間がより長かった(P<0.0001)。さらに、より高いUPDRS総スコア、より低いQOL、より重症の抑うつ症状、より高い睡眠障害の有病率に関連した(すべてP<0.001)。ロジスティック回帰モデル解析では、うつ病、睡眠障害は、PD患者が苦痛を伴う疲労を有する可能性を上昇させ、この消耗性の症状の適確な診断と治療の必要性を支持している。
コメント
パーキンソン病の非運動徴候は患者のQOLを低下させることが多い。疲労もその一つであり、以前より指摘されているものの、大規模な臨床研究や介入研究はない。今回の論文は、イタリアからの大規模な横断的臨床研究であり、疲労がQOLを低下させ、さらに、経過が長く、運動症状の悪い患者に多く、うつ病や睡眠障害と有意な関連があることを示したものである。睡眠障害やうつも非運動徴候の一つであるが、ある程度治療可能であることより、疲労からの脱却の可能性を指摘したものである。患者のQOLのアップには朗報と思われ紹介した。
監訳・コメント:大阪府立急性期・総合医療センター 神経内科 狭間 敬憲先生
PudMed: