パーキンソン病における転倒予防のための運動:無作為化比較試験
Exercise for falls prevention in Parkinson disease: A randomized controlled trial
Canning CG1, Sherrington C2, Lord SR2, Close JC2, Heritier S2, Heller GZ2, Howard K2, Allen NE2, Latt MD2, Murray SM2, O'Rourke SD2, Paul SS2, Song J2, Fung VS2.
1From the Clinical and Rehabilitation Sciences Research Group, Faculty of Health Sciences (C.G.C., N.E.A., S.M.M., S.D.O., J.S.), The George Institute for Global Health, Sydney Medical School (C.S., S.S.P.), Sydney School of Public Health (K.H.), and Sydney Medical School (S.H., V.S.C.F.), The University of Sydney, Australia; Neuroscience Research Australia and University of New South Wales (S.R.L.), Sydney; Prince of Wales Clinical School, University of New South Wales, and Neuroscience Research Australia (J.C.T.C.), Sydney; Department of Epidemiology and Preventive Medicine (S.H.), Monash University, Melbourne; Department of Statistics (G.Z.H.), Macquarie University, and Statistics Division, The George Institute for Global Health, Sydney; Department of Aged Care (M.D.L.), Royal Prince Alfred Hospital, Sydney; and Movement Disorders Unit (V.S.C.F.), Department of Neurology, Westmead Hospital, Sydney, Australia. colleen.canning@sydney.edu.au.
Neurology. 2015 Jan 20;84(3):304-12. doi: 10.1212/WNL.0000000000001155. Epub 2014 Dec 31.
パーキンソン病患者において、軽減できる可能性のある転倒のリスク因子(平衡障害、脚の筋力低下、すくみ足)を標的とした最小限の監視による運動を行うことで、転倒を予防しうるかどうかを検討した。パーキンソン病患者231例を運動群または通常ケアの対照群に無作為に割り付け、運動は6ヵ月間、週3回、40〜60分間行われた。主要評価項目は、介入期間中の転倒率および転倒者の割合で、副次的評価項目は、身体的、精神的、およびQOLの評価尺度であった。
転倒率(発生の率比[incidence rate ratio:IRR]=0.73、95%CI 0.45〜1.17、P=0.18)および転倒者の割合(P=0.45)に群間の有意差はみられなかった。重症度が低いサブグループでは、運動群において、対照群に比べ転倒が少なかったが(IRR=0.31、95%CI 0.15〜0.62、P<0.001)、重症度が高いサブグループでは、運動群において転倒が多い傾向がみられた(IRR=1.61、95%CI 0.86〜3.03、P=0.13)。介入後、運動群は、対照群に比べQOLのスコアが有意に優れ(P<0.05)、精神的健康は改善した。
コメント
パーキンソン病など神経難病は転倒が疾病の経過に重要な影響を及ぼすと考えられている。パーキンソニズムを呈する疾患のなかでは、レビー小体型認知症や進行性核上性麻痺が圧倒的に多い印象があるが、実際に検証した報告は少ない。今回の報告はパーキンソン病で、平衡障害など予防できる因子のリハビリテーションによる転倒防止効果を無作為化比較試験でみたものである。結果は軽症のみ有意差を持ち転倒防止効果があったが、重症例では転倒が増加した。パーキンソン病の転倒機序では想定される以外の何か別の因子の存在も示唆される。今後のさらなる検討が必要であるが、全般的には運動効果によるQOLの上昇や精神的な改善は認められており、今後も勧めるべき療法と考えられる。
監訳・コメント:大阪府立急性期・総合医療センター 神経内科 狭間 敬憲先生
PudMed: