脳炎とAMPA受容体抗体:患者22例のケースシリーズにおける新しい知見
Encephalitis and AMPA receptor antibodies: Novel findings in a case series of 22 patients
Höftberger R1, van Sonderen A, Leypoldt F, Houghton D, Geschwind M, Gelfand J, Paredes M, Sabater L, Saiz A, Titulaer MJ, Graus F, Dalmau J.

1From the Service of Neurology (R.H., L.S., A.S., F.G.), Hospital Clínic, Universitat de Barcelona and Institut d´Investigació Biomèdica August Pi i Sunyer (IDIBAPS), Spain; the Institute of Neurology (R.H.), Medical University of Vienna, Austria; the Department of Neurology (A.v.S., M.J.T.), Erasmus Medical Center, Rotterdam; the Department of Neurology (A.v.S.), Haga Hospital, the Hague, the Netherlands; the Department of Neurology and Institute of Clinical Chemistry (F.L.), University Medical Center Schleswig-Holstein Campus Lübeck, Germany; the Department of Neurology (D.H.), Ochsner Health System, New Orleans, LA; the Memory and Aging Center (M.G., J.G.) and the Department of Neurology (M.P.), University of California, San Francisco; Institució Catalana de Recerca i Estudis Avançats (ICREA) (J.D.), IDIBAPS, Hospital Clínic, Barcelona, Spain; and the Department of Neurology (J.D.), University of Pennsylvania, Philadelphia.
Neurology. 2015 Jun 16;84(24):2403-12. doi: 10.1212/WNL.0000000000001682. Epub 2015 May 15.
α-アミノ-3-ヒドロキシ-5-メチル-4-イソキサゾールプロピオン酸受容体(AMPAR)に対する抗体を有する新たに同定された患者22例の臨床的特徴、併存症および転帰の後ろ向きレビュー。年齢中央値は62歳で女性14例。12例(55%)は特徴的な辺縁系脳炎(limbic encephalitis:LE)、8例(36%)は辺縁系機能不全および多巣性/びまん性脳症、1例はLEおよび先行する運動障害、1例は双極性の特徴を認める精神病を呈した。14例(64%)が病理学的(肺癌5例、胸腺腫4例、乳癌2例、卵巣奇形腫2例)または放射線学的(肺癌1例)に確認された腫瘍を有していた。
7例ではさらに他の抗体が生じ(3例は腫瘍神経細胞抗体、1例は腫瘍関連抗体、2例は細胞表面抗体、1例は腫瘍関連抗体および細胞表面抗体)、すべての患者が腫瘍を有していた。治療は、5例は免疫療法および腫瘍治療に良好な反応を示した。6例では改善が認められず、最終的に5例が死亡し、5例とも腫瘍および腫瘍神経細胞抗体に関連する追加の傍腫瘍性症状を有していた。腫瘍神経細胞抗体の共存は不良な転帰を予測した(P=0.009)。
コメント
2009年に著者らのグループが傍悪性腫瘍性で、AMPA受容体抗体を有する自己免疫性シナプス障害性辺縁系脳炎例を初めて報告した(同グループは、もう一つの興奮性アミノ酸受容体であるNMDA受容体に対する抗体を持つ脳炎を初めて報告したグループとしてもよく知られている)。本論文はその後経験した22例の後ろ向きレビューである。臨床症状による分類に加え、追加抗体の測定による検討で、細胞内抗原に対する抗体(腫瘍神経細胞抗体)を併せ持つ例は、予後が悪いことを指摘した。一方、細胞表面抗原に対する追加抗体陽性例は、免疫抑制療法が奏効し、治療により可逆的に改善したことを示した。本脳炎研究の中心的グループによる介入研究であり、結果の意味するところは大きいと考え取り上げた。
監訳・コメント:大阪府立急性期・総合医療センター 神経内科 狭間 敬憲先生
PudMed: