18F-THK5351 PETによる大脳皮質基底核症候群の生体脳内タウ凝集体の可視化
In vivo visualization of tau deposits in corticobasal syndrome by 18F-THK5351 PET.
Kikuchi A1, Okamura N, Hasegawa T, Harada R, Watanuki S, Funaki Y, Hiraoka K, Baba T, Sugeno N, Oshima R, Yoshida S, Kobayashi J, Ezura M, Kobayashi M, Tano O, Mugikura S, Iwata R, Ishiki A, Furukawa K, Arai H, Furumoto S, Tashiro M, Yanai K, Kudo Y, Takeda A, Aoki M.

1 From the Departments of Neurology (A.K., T.H., T.B., N.S., R.O., S.Y., J.K., M.E., M.A.), Pharmacology (N.O., R.H., K.Y.), and Diagnostic Radiology (S.M.), Tohoku University Graduate School of Medicine; Divisions of Cyclotron Nuclear Medicine (S.W., K.H., M.T.) and Radiopharmaceutical Chemistry (Y.F., R.I., S.F.), Cyclotron and Radioisotope Center, and Department of Geriatric and Respiratory Medicine (A.I., K.F., H.A.) and Division of Neuroimaging (Y.K.), Institute of Development, Aging and Cancer, Tohoku University; Department of Neurology (M.K.), Tohoku Pharmaceutical University Hospital; Department of Neurology (O.T.), Sendai Medical Center; and Department of Neurology (A.T.), National Hospital Organization, Sendai Nishitaga Hospital, Sendai, Japan. akikuchi@med.tohoku.ac.jp nookamura@med.tohoku.ac.jp
Neurology. 2016 Oct 28. pii: 10.1212/WNL.0000000000003375. [Epub ahead of print]
本研究の目的は、18F-THK5351 PETを用い、大脳皮質基底核症候群(corticobasal syndrome:CBS)を有する生きた患者の脳病変においてタウ凝集体を可視化できるかどうかを検討することであった。臨床でのPET検査において、CBS患者5例における18F-THK5351の集積を、年齢をマッチさせた正常対照8例、およびアルツハイマー病(Alzheimer disease:AD)患者8例と比較した。
臨床でのPET検査において、CBS患者5例では、年齢をマッチさせた8例の正常対照およびAD患者に比べ、前頭部、頭頂部、および淡蒼球において、有意に多い18F-THK5351の集積がみられた。大脳皮質機能障害およびパーキンソニズムの症状が大きい側とは反対側において、18F-THK5351の集積がより多く観察された。18F-THK5351 PETは、CBS患者のタウが凝集しやすい部位でトレーサのシグナルが強いことを実証した。
コメント
いわゆる神経変性疾患は大部分の疾病が原因不明であり、厚生労働省の指定難病である。しかし、病態が判明しつつある疾病もあり、CBSの一つであるCBD(皮質基底核変性症)などもそのうちに入る。早期診断は治療の開発や支援の方法の模索にもつながる。今回CBSの早期診断の開発に成功した論文が東北大学から発表された。タウイメージング剤として東北大学でアルツハイマー病診断用に開発された18F-THK5351を使用し、対象をCBSとした報告である。18F-THK5351は、in vivoでCBSにおけるタウ凝集体を画像化するための有望な放射性トレーサ候補と考えられ、例数は少ないが、早期診断に繋がる可能性のある報告である。東北大学の加齢医学研究所と神経内科との共同研究と日本発であり取り上げた。
監訳・コメント:大阪府立急性期・総合医療センター 神経内科 狭間 敬憲先生
PudMed: