視神経脊髄炎スペクトラム障害は出産後の再発リスクが高い
High risk of postpartum relapses in neuromyelitis optica spectrum disorder
Klawiter EC1, Bove R, Elsone L, Alvarez E, Borisow N, Cortez M, Mateen F, Mealy MA, Sorum J, Mutch K, Tobyne SM, Ruprecht K, Buckle G, Levy M, Wingerchuk D, Paul F, Cross AH, Jacobs A, Chitnis T, Weinshenker B

1From Massachusetts General Hospital (E.C.K., F.M., S.M.T.) and Brigham and Women's Hospital (R.B., G.B., T.C.), Harvard Medical School, Boston; University of California (R.B.), San Francisco; Walton Centre for Neurology and Neurosurgery and University of Liverpool (L.E., K.M., A.J.), UK; Washington University in St. Louis (E.A., A.H.C.), MO; University of Colorado School of Medicine (E.A.), Aurora; Charité-Universitätsmedizin Berlin (N.B., K.R., F.P.), Germany; Mayo Clinic (M.C., D.W.), Scottsdale, AZ; University of Utah (M.C.), Salt Lake City; Johns Hopkins University School of Medicine (F.M., M.A.M., M.L.), Baltimore, MD; Mayo Clinic (J.S., B.W.), Rochester, MN; Shepherd Center in Atlanta (G.B.), GA. eklawiter@partners.org. From Massachusetts General Hospital (E.C.K., F.M., S.M.T.) and Brigham and Women's Hospital (R.B., G.B., T.C.), Harvard Medical School, Boston; University of California (R.B.), San Francisco; Walton Centre for Neurology and Neurosurgery and University of Liverpool (L.E., K.M., A.J.), UK; Washington University in St. Louis (E.A., A.H.C.), MO; University of Colorado School of Medicine (E.A.), Aurora; Charité-Universitätsmedizin Berlin (N.B., K.R., F.P.), Germany; Mayo Clinic (M.C., D.W.), Scottsdale, AZ; University of Utah (M.C.), Salt Lake City; Johns Hopkins University School of Medicine (F.M., M.A.M., M.L.), Baltimore, MD; Mayo Clinic (J.S., B.W.), Rochester, MN; Shepherd Center in Atlanta (G.B.), GA.
Neurology. 2017 Nov 1. pii: 10.1212/WNL.0000000000004681. doi: 10.1212/WNL.0000000000004681. [Epub ahead of print]
本研究の目的は、国際多施設共同研究において、妊娠による視神経脊髄炎スペクトラム障害(neuromyelitis optica spectrum disorder:NMOSD)の再発頻度への影響を検討した。7医療センターのNMOSDを有する女性217例を対象に標準化された調査を実施し、医療記録をレビューした。ベースライン(初回妊娠の2年前)の年間再発率(annualized relapse rate:ARR)を、妊娠中のARR、出産後9カ月時点のARRと比較した。
NMOSDを有する女性31例において、症状発症後の妊娠46件から情報を得ることができた。ベースライン(0.17)と比べ、ARRは妊娠中(0.44、P=0.035)および出産後(0.69、P=0.009)に上昇した。ARRが最も高かったのは、出産後最初の3カ月間であった(ARR 1.33)。40歳以前にNMOSDを発症した女性76例中8例(10.5%)において、最初の症状は出産後3カ月間に発症しており、予期された値より2.9倍高かった。
コメント
NMOSDと診断されている患者群を対象とした研究である。NMOSDは最近では3グループ、すなわち抗アクアポリン4抗体陽性、抗MOG陽性、いずれも陰性に分けられることが多いが、本報告は、グループ全体として妊娠経験女性患者の新たな妊娠での再燃を調査したものである。妊娠初期、分娩後9M以内、特に分娩後に再発が多かった。私自身も、30年前に初めての症例を経験した。当初は多発性硬化症と診断し、妊娠の経過中の増悪は変だなと思いながら診ていた。医学の進歩で後日アクアポリン4抗体陽性が判明しNMOSDと診断した例である。以後も何例か経験し、母親の視力消失例も経験した。それぞれ母親、子供とも苦労は多いと思えるが、人間性豊かに自身の物語を作って人生を送っている例ばかりである。今回の結果で、NMOSD女性患者が妊娠に迷いが出ることのないよう指導するとともに、疾患修飾薬の開発を期待する。
監訳・コメント:国立病院機構 大阪南医療センター 神経内科 狭間 敬憲先生
PudMed: